みなさん、asobito(アソビト)をご存知でしょうか。

asobitoは防水帆布生地で作られているキャンプにピッタリの、ビッグウイング社のオリジナルブランドです。

アウトドアに寄り添うasobito。ビッグウイングオリジナルブランド「asobito」。
自然への調和をテーマに、アースカラーを中心にしたデザインと、使い込むことでより親しみが沸き、 アウトドアをさらに楽しむためのアイテムを展開。
激しく使える防水帆布 水や汚れを気にしない。使い込む程に増す風合い。
綿帆布+パラフィン(ロウ引き)加工により、優れた耐久性と防水性を追求。
経糸(たていと)・緯糸(よこいと)ともに100%綿糸を使用し、糊などのつなぎを一切使用せず、 経糸に撚糸(数本の糸を撚った糸)を用いて平織りした生地。
トラックの幌やテント、相撲の廻しなどにも使用される、丈夫な防水帆布から生まれたasobitoの防水帆布シリーズ。

引用元:asobitoブランドサイト

私はLODGEのスキレットを人から譲り受けた時にこのスキレットの名品には素晴らしいケースが必要だけど、スキレットにピッタリのケースってなんだろう?と調べたことが出会いでした。

高倉
一度、asobito(アソビト)を買うと揃えたくなるのが男の性(さが)
スポンサーリンク

asobito(アソビト)スキレットケースを2年間使ってみて

私はここ2年くらいasobitoのスキレットケースを使っていますが、とても頑丈でガシガシ使っても、痛むどころか使用感が良い感じに出てきて非常におすすめです。

最近はみんなでワイワイグルキャン系から、少し大人の「無骨」まではいかないけど飽きのこないキャンプギアにシフトしてきているんですが、その渦中においても一軍に残っている名バイプレーヤーです!笑

カラーもほとんどの商品が「キャメル」と「オリーブ」で展開されているのでカラーも揃えられますし、他のキャンプギアとの相性もバッチリ!
(一部商品はオンライン限定で「チャコール」が販売されています。)

他社のスキレットケースだと、Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)もしくはUNIFLAME(ユニフレーム)が有名ですけど、オレゴニアンキャンパーは個性が強いので、オレゴニアンキャンパーが好きな人やシリーズで揃えている人にはオススメですね。

ユニフレームとは帆布の素材感の違いになりますが、完全に好みでasobitoを選びました。

 高倉
スキレットのケースって、今でこそそこそこありますけど当時は全然なかったんですよね。

asobito(アソビト)のおすすめ商品

まずはおすすめのスキレットケースでサイズは6.5インチと10インチがあります。

下記は6.5インチでスキレットケースで、前述の写真と同じものになります。

スキレット本体とシリコンでできたハンドルホルダーを格納していますが余裕があるので、ハンドルは少しはみ出てしまいますが、私は8インチのスキレットと蓋も一緒に格納しています笑。

asobito(アソビト) 6.5インチ スキレットケース

私はランタンに付属されているケースを使用していますが、やはりランタンケースもasobitoで揃えたいところです。

asobito(アソビト) ランタンケース

ツールボックスはasobitoの中でも人気の商品です。

ツールボックスはXS、S、M、XSトール、Sワイド、Mワイドと複数サイズが用意されていて、下記のビッグウイングオンライン限定カラーは「チャコール」でXS、S、Mとサイズ展開されています。

【ビッグウイングオンライン限定】 asobito(アソビト) ツールボックスM チャコール

薪ケースも通常カラーのほか、ビッグウイングオンライン限定カラーの「チャコール」が展開されています。

【ビッグウイングオンライン限定】 asobito(アソビト) 薪ケース チャコール
高倉
薪ケースがあれば、いよいよキャンプギアも揃ってきた感がある笑
スポンサーリンク

さいごに

今でこそ販売店は増えていますが、私が買った当時は商品数も少なく、ネット通販はありましたが今すぐ欲しい私は電車に飛び乗って東京から千葉県柏市のアリオ柏ムラサキスポーツまでわざわざ足を運んだのでした。

ふとしたタイミングでasobitoの存在を思い出したので今回はasobitoについてまとめてみましたー。

良いキャンプライフを〜!

スポンサーリンク
Recommend Contents