キャンプ場もサブスクの時代ですね。

GWや夏休みといったハイシーズンや週末の連休など、ファミリーや友達同士で賑わっているキャンプ場も、今の季節のように寒くなってきますと、私のような歴の浅いキャンパーは「好きだけど寒いじゃないですか。。。」と、キャンプどころか外に出ることすら億劫になってきます。

と、私のような人にも定期的にキャンプを楽しんでもらう為なのか、それとも時代の流れなのか、キャンプ場もいよいよサブスクの風が吹いてきています。


サブスクとは
サブスクリプション(英語: subscription)は、定額料金を支払い利用するコンテンツやサービスのこと。商品を「所有」ではなく、一定期間「利用」するビジネスモデル。日本ではサブスクとも略される。

Wikipedia-サブスクリプション
スポンサーリンク

サブスク可能?なキャンプ施設一覧

というわけで今回は、サブスクで楽しめる使い放題のキャンプ施設を紹介していきます!

※費用や募集期間などは公式サイト等で最新情報をご参照ください。
※ソロキャンプで記載していますが、サービスによっては同伴者追加も可能ですので、こちらも公式サイト等でご確認ください。

Outdoor life(アウトドアライフ)

出典:Outodoor Life

平日のソロキャンプ限定使い放題のサービス。
当初は千葉県の南房総あたりのキャンプ場だけでしたが、今では神奈川県のキャンプ場とも提携されていて、拡大中のサービスですね!さらなる成長が非常に楽しみです!

キャンプエリア千葉県と神奈川県の10施設
費用月額6,000円
URLhttps://sorich-outdoor.com/
最新情報は公式サイト等でご確認ください。

千葉ウシノヒロバ

出典:千葉ウシノヒロバ

いわゆる観光牧場が運営されているサービス。
Webサイトの雰囲気のとおり、ゆったりと過ごせそうなキャンプサイトに見えます。
ワークショップや農業体験、マルシェなどアクティビティもたくさんあって、キャンプ以外でも楽しむことができそう!
サブスクではあまりない(オープンにしていない)?キャンプギアのレンタルも豊富です!!

キャンプエリア千葉県千葉市
費用月額2,970円(税込) 年間一括払い29,700円(税込)
URLhttps://ushinohiroba.com/
最新情報は公式サイト等でご確認ください。

Birke(ビルケ)

出典:Birke

Webディレクターとのダブルワークをされている発起人が運営されているサービス。
なんだか私の職業と限りなく近しいので勝手に親近感が湧いてしまいます笑
まだまだ発展途上のようですので「開拓」から参加させてもらえる楽しみもあって、キャンプ以上の経験を求める人にオススメです。
SNSにアップされている写真が素敵ですね!

キャンプエリア山梨県北杜市
費用月額5,610円(税込)※オンラインプランもあり
URLhttps://birke.jp/
最新情報は公式サイト等でご確認ください。

CSD2.0(キャンプスペースドーシ)

出典:CAMP SPACE DOSHI 2.0

キャンプサブスクの草分け的な存在であるCSD(CAMP SPACE DOSHI 2.0)。
私の知り合いも参加していますが、利用されている方はみんな良い人達で、設営に手間取っていたら手伝ってくれたり、「これ、使っていいよ」とギアを貸してくれたりと素晴らしい空間だそうです。
各地に拡大中とのこと!

キャンプエリア山梨県道志村
費用月額3,000円 (夫婦またはパートナーとのペア 4,000円)
URLhttps://csd20.site/
最新情報は公式サイト等でご確認ください。

CAMP LIFER(キャンプライファー)

出典:CAMP LIFER

平日キャンプのサブスク利用はもちろんなのですが、「バケーションとしてのキャンプだけではなくワーケーションとしてのキャンプ」、「キャンプ場訪問からのその地域を巡る」など、非日常化しているキャンプと日常を自然と結びつけるような、サービスというよりもライフスタイルを再確認できるコンセプトが垣間見えるイメージを受けました。
素晴らしい!

キャンプエリア長野県南信州
費用月額5,000円(3ヶ月15,000円)税込
URLhttps://www.nagano-camp.life/
最新情報は公式サイト等でご確認ください。

FREE ART FIELD(フリーアートフィールド)

出典:FREE ART FIELD

こちらも開拓する権利が付いてくるサブスクサービス。
通常のキャンプ場よりアート感が強めなのは発起人の多彩なセンスによるところ(だと思う)。
物語の中から飛び出したようなアースバック建築、他では見られないような独特な空間がいつもと違ったキャンプにしてくれそう!

キャンプエリア新潟県燕市
費用ソロ利用:月額3,000円(税込) ファミリー利用:月額4,000円(税込)
URLhttp://free-art-field.com/
最新情報は公式サイト等でご確認ください。

Camp Essense(キャンプエッセンス)

出典:CAMP ESSENCE

兵庫県にある6つのキャンプ場で使える平日ソロキャンパーのサブスクプラン。
飛行場もあればスキー場もある、個性豊かなキャンプ場が勢揃いしていて、どこにしようか迷ってしまいますね!
飛行機がよく見えるキャンプ場はありますが、離発着が見れるのはここだけのようです。

キャンプエリア兵庫県豊岡市、宍粟市、養父市
費用3ヶ月 16,500円(5,500円×3ヶ月)
URLhttps://airport-camp.com/subscription
最新情報は公式サイト等でご確認ください。

さいごに

キャンプはギアを揃えてしまえば、そして沼にさえハマらなければ、他の遊びと比べて安価に楽しめる趣味ですが、毎週末の頻度ともなってくると、そこそこの金額になってしまいます。

それに、キャンプにハマり出すと山が欲しくなってくるんですよね。
なので、開発プランも展開しているサービスは、ある意味共同購入に近い感覚で、欲求を満たしてくれそうな気もします!

スポンサーリンク
Recommend Contents